あなたの髪の健康とケアの総合情報サイト

毛髪は自己修復しない?これ以上傷まない為のケア方法

男性も女性も毛髪の健康とケア

科学は日進月歩です。毛髪は毛母細胞が核を持たないために再生能力がないというのが定説でしたね。つまりトリートメントで毛髪がみるみる回復というのは夢だったのです。

ところが最近は毛髪内のたんぱく質の構造変化ということが研究され始めたのです。頭皮から生えてきた毛髪は生命体ではありませんから、いったんダメージを受けると元には戻らないというのが通説でした。最近のたんぱく質科学では、毛髪を構成している成分の80%を占めるたんぱく質が生きていると考えるようになってきたのです。例えばパーマ液を使って髪にウエーブをかけるというのは、髪を構成するたんぱく質が生きているからできることと考えることができます。こうした視点から、ダメージを受けた毛髪のケアが研究され始めました。毛髪内にある種の成分を加えることで、たんぱく質の構造を蘇らせ、毛髪の生命力を再生させるのです。ヘアケアを通じて毛髪のたんぱく質に働きかけ毛髪の生命力をよみがえらせるのです。

毛髪内のたんぱく質の自己再生能力を促進することと、毛髪のダメージ耐性を向上させることですね。私たちの体というのは常に全体が複雑微妙につながっていますから、毛髪の健康とケアについても、体全体の健康が関係してくるんですね。ですから体のたんぱく質が不足してくると、痩せた髪の毛が生えてきます。毛髪の健康とケアにも日常の食生活が深く関係してくるんですね。太くて健康な毛髪のためには、たんぱく質の代表ともいえる肉がおすすめです。すでに生えてしまっている毛髪については、体内からケアすることができませんから、直接毛髪にケアをします。

あなたの毛髪の健康とケアを全面サポート

メディアでは毛髪のトリートメントの宣伝がたくさんありますね。どれも発毛を促すような気にさせるものばかりです。でも毛髪がみるみる回復するトリートメントはなかなか実現しないのですよね。 毛髪は毛母細胞というところで作られてのびてきます。毛髪そのものは核を持たない細胞ですから自己再生能力がないのですね。

毛髪にも影響を与える日常の生活

毛髪は毛母細胞というところで作られて上に押し出すように生えてきて、毛髪そのものは核を持たない細胞のために再生能力がないとよく言われます。つまり死んだ細胞ですから回復させることは無理だというわけですね。 でも毛髪を作り出している毛根には働きかけることができます。

毛髪の健康とケアの基本

毛髪の健康とケアにはすでに生えてきた髪ばかりではなく毛根のケアをすることが大切です。健康で耐性のある毛髪を生み出してもらうようにすることです。 毛髪は一つの毛穴から生え始めると、月に1センチから2センチ伸びます。そして4年から7年かけてその一生のサイクルを終わります。